日本国国旗

在ロサンゼルス日本国総領事館

Consulate-General of Japan in Los Angeles

文字サイズ変更

国籍選択届について

1.国籍はひとりにひとつ

外国の国籍と日本の国籍を有する人(重国籍者)は、22歳に達するまで(20歳に達した後に重国籍になった場合は、重国籍になった時から2年以内)にどちらかの国籍を選択する必要があります。選択しない場合は、日本の国籍を失うことがありますのでご注意ください。

2.国籍の選択をすべき期限

国籍の選択をすべき期限は、重国籍となった時期によって異なりますが、次のとおりです

(1) 昭和60年1月1日以後(改正国籍法の施行後)に重国籍となった日本国民
20歳に達する以前に重国籍となった場合 → 22歳に達するまで
20歳に達した後に重国籍となった場合 → 重国籍となった時から2年以内

なお、期限までに国籍の選択をしなかった時には、法務大臣から国籍選択の催告を受け、場合によっては日本の国籍を失うことがあります。
(2) 昭和60年1月1日前(改正国籍法の施行前)から重国籍となっている日本国民
昭和60年1月1日現在20未満の場合 → 22歳に達するまで

なお、期限までに国籍の選択をしない時は、その期限が到来した時に日本国籍選択の宣言をしたものとみなされます。
(※) 「国籍の選択をしなければならない人」 「国籍の選択方法」など重国籍に関する詳しいことは、直接お電話(213)617-6700 で照会してください。