平成27年春の叙勲受章者

2016/1/12

テリー・サブロー・ハラ氏に対する叙勲伝達式

平成27年11月3日、平成27年秋の叙勲受章者が発表され、当館管轄地域からはテリー・サブロー・ハラ氏が受章されました。


ハラ氏は昭和55年からロサンゼルス市警察にて勤務され、平成20年には副本部長に昇進、平成27年3月に退職するまで務められました。同警察において、同氏が日系を含むアジア系として初めて副本部長を務められました。同氏は日系人、そしてアジア系を始めとするコミュニティーと警察の対話を進めるとともに、様々な日系団体の活動を支援してきました。このような地道な努力は、南カリフォルニアにおける日系人の地位の向上に大きく貢献したと言えるでしょう。


同氏は平成25年から27年まで南加日米協会理事長を務め、特に東日本大震災の被災地への義援金のとりまとめに熱心に取り組まれました。その他にも、南加日系商工会議所、日米文化会館、日系人兵士戦没記念碑財団の活動に携わられるとともに、平成21年と27年には、ロサンゼルス最大の日系人行事である二世ウィーク財団会長兼実行委員長を務められました。


ハラ氏の叙勲伝達式は平成27年12月10日、午後2時より総領事公邸で行われ、ご家族及びご友人約40人が出席されました。伝達式終了後にはレセプションが開催され、ハラ氏はゲストの皆様と和やかに歓談されました。