<事前広報>新規プロジェクト始動!日系企業PRビデオ制作 –日系企業の企業価値向上を領事館がサポートします-

2022/1/25
公募開始 (2022/1/25)

在ロサンゼルス総領事館は管轄である南カリフォルニア、アリゾナへの日系企業の新規進出及び広報PRを支援します。
昨年当館の呼びかけに依って制作し、好評を得た「水素社会実現に向けた広報ビデオ」
https://www.la.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/RoleOfHydrogenEnergy.html)の構成を引き継ぎながら刷新し、多種多様な創意工夫により日系企業が当地を基盤として取り組もうとする事業に焦点を当て、日本の先進性を発信するとともに企業価値の向上に協力します。
 
例えば米国政府関係者等へのリーチアウトは個別企業では困難を極めますが、当館では日常的に意見交換を行っています。制作したビデオをその場で活用し、皆様に代わって日本ブランドの発信、その後のビジネス機会を創出します。
 
新型コロナによるパンデミックにより、実際に渡航しての新規進出のためのニーズ調査やカウンターパートの発掘等でお困りの企業、ゆくゆくは米国市場の進出・拡大を検討したいが、ゼロから個社での企業PRには限界を感じている日系企業の担当者さま等は既進出、新規進出問わず是非以下をご確認いただくとともに正式案内(公募開始)をお待ちください。

<概要>
・「スタートアップ」「デジタル」「気候変動」「エシカル消費」「SDGs」「メタバース」「フィンテック」「ダイバーシティ」「バイオ技術」「女性活躍」の10テーマに関心を有する日系企業へ日本の先進性及び企業PRビデオ制作に関する協力公募を行う。
その後,公募結果を踏まえ必要に応じてテーマを集約・統合等し,PRビデオを制作・広報する。
 
<使用用途>
・当館ウェブサイトやSNS等での発信。
・当館主催イベントでの上映。
・当地州、郡、市幹部との意見交換、表敬時の上映。
 
<対象企業>
・在米又は日本に本社がある日系企業で,かつ今後加州(特に南カリフォルニア)又はアリゾナへの進出を検討,又は既に進出している日本の先進性を発信できる企業
 
<対象となる視聴者>
・主として南カリフォルニア、アリゾナ在住の政府、企業関係者又は一般消費者等
 
<ビデオ構成>
・使用言語は英語(英語ナレーション及び部分的な英語字幕、BGMあり)
・インタビュー等での英文スクリプトは総領事館が協力、支援。
・インタビューや映像撮影に加え、2Dアニメーションやモーショングラフィクス
2021年作成「水素社会実現に向けた広報ビデオ」に似た構成を念頭。
https://www.la.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/RoleOfHydrogenEnergy.html
※撮影は撮影専門スタッフを派遣して実施(企業の負担は必要ありません)。ただし、遠方や米国外の場合に映像を自社で制作して提供いただく場合あり。
 
<ビデオの長さ(5テーマ)>
3分×5テーマ (合計15分)
※出演企業は10社程度を想定:公募により決定
 
<ビデオ制作スケジュール(案)>
事前広報    2022年1月14日
公募開始    2022年1月中下旬
公募結果発表    2022年2月中旬
ビデオ制作   公募結果発表~2022年3月末まで
※予算等の事情によって本件は予期せず一部又は全部中止となる可能性があることご留意ください。
 
<その他>
本件について、ご質問があれば随時以下連絡先までお問い合わせください。回答等は随時HP等においてアップデートします。
 
 問い合わせ先
 在ロサンゼルス総領事館(経済班) 
 350 S Grand Ave. Suite 1700
 Los Angeles, CA 90071
 西上・伊達(日本語)、ブライアン(英語)TEL 213-617-6700
 E-mail: keizai@ls.mofa.go.jp