令和3年度外務大臣表彰

2021/11/4

阿部仁史氏が令和3年度外務大臣表彰を受賞しました。

令和3年8月20日(日本時間)日本政府は、令和3年度外務大臣表彰の受賞者を発表しました。当館管轄区域関係者ではカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)テラサキ日本研究センター所長/建築・都市デザイン学教授の阿部仁史氏が受賞しました。

外務大臣表彰は、国際関係の様々な分野で活躍し、我が国と諸外国との友好親善関係の増進に、特に顕著な功績のあった個人および団体について、その功績を称えるとともに、その活動に対する日本国民の理解と支持を一層深めることを目的としています。

阿部仁史氏の経歴・表彰理由は以下のとおりです。

宮城県出身。阿部仁史アトリエ設計事務所主宰。東北大学大学院にて都市・建築学専攻教授を務めた後、2007年からカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)建築・都市デザイン学科教授、2010年からはUCLAテラサキ日本研究センター所長として、日本研究及び日本との学術交流を通じ日米相互理解と友好親善に寄与。また、南カリフォルニア日米協会理事(2012年~)、「リトル東京デザインウィーク」実行委員長(2011年及び2013年)、ジャパン・ハウス・ロサンゼルスのアドバイザー(2016年~2018年)を務め、日系コミュニティへの貢献も大きい。

阿部氏の建築を通じた日本と米国との相互理解と学術交流の促進を称え、この度外務大臣表彰受賞の運びとなりました。
 

阿部仁史氏

表彰授与式

在ロサンゼルス総領事館は2021年10月29日(金)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)テラサキ日本研究センター所長/建築・都市デザイン学教授の阿部仁史氏に対する令和3年度外務大臣表彰伝達式を行いました。
 
 
武藤総領事より表彰状を受け取る阿部氏
 
伝達式に参加された方々