マスク着用義務

2021/12/16
ワクチン接種の有無にかかわらず、感染レベルが高い地域においては、公共の屋内環境においてマスク着用が推奨されています。

    • 連邦政府による義務化および推奨
      【義務】ワクチン接種の有無にかかわらず、公共交通機関および交通ハブにおけるマスク着用が義務付けられています。
      • 公共交通機関(例:航空機、船、フェーリー、電車、地下 鉄、バス、タクシー、ライドシェア)
      • 交通ハブ(例:空港、バス/フェリー・ターミナル、電車/地下鉄 駅、海港、入国港)

        詳しくはこちら(2021年1月29日付CDC発表命令文FAQ
【推奨】
<ワクチン接種完了者>
      • 2021年7月27日、CDCは、米国におけるデルタ株感染拡大を踏まえ、ワクチン接種完了者のマスク着用に関する推奨事項を改定しました。その主な内容は以下のとおりです。
        (1)ワクチン接種完了者であっても、感染のレベルが高い地域(「Substantial transmission(相当の感染)」または「High Transmission(高い感染)」)においては、公共の屋内環境でのマスク着用を推奨。
        (2)ワクチン接種完了者であっても、地域における感染状況にかかわらず、以下に該当する場合は、マスク着用を考慮(might choose to wear a mask)。
        免疫不全である人、感染による重症化リスクが高い人、免疫不全や重症化リスクが高い人、またはワクチン接種未完了の人と同居している人
        (3)ワクチン接種完了者であっても、濃厚接触者については、接触後3~5日以内に検査を行い、14日間または陰性結果が出るまでは、公共の屋内環境ではマスク着用を推奨。
        (4)ワクチン接種状況にかかわらず、全ての教師、学校関係者、生徒、学校訪問者のマスク着用を推奨。

        ※CDC「COVID-19 Integrated County View」(毎日更新)にて、地域(郡)ごとの感染レベルを確認できます。
        https://covid.cdc.gov/covid-data-tracker/#county-view
         
      • 2021年10月15日、CDCは、ワクチン接種完了者のマスク着用に関する推奨事項を改定しました。その主な内容は以下のとおりです。
        • ワクチン接種完了者であっても、濃厚接触者については、接触後5~7日以内に検査を行い、14日間または陰性結果が出るまでは、公共の屋内環境ではマスク着用を推奨。
<ワクチン接種未完了者>
    • 基本的に、他者(家族以外)と空間を共有する場所(屋内、屋外)では広くマスクの着用が推奨されています(例外的にワクチン接種が完了している友人との屋外の小規模な集まりにおけるマスク着用は不要)。
(注)「ワクチン接種完了者」とは、2回接種型ワクチンの2回目(単回接種型の場合は1回目)の接種後2週間経過した方を指す。

詳しくはこちら

  • CA州、AZ州各政府による義務付け
    屋内環境においては、多くの場合、ワクチン接種の有無に関わらず、マスク着用が推奨されています。詳しくは、各州保健局のガイダンスをご確認ください。
    • 2021年12月13日、CA州は、マスク着用に関する指針を更新し、2021年12月15日から2022年1月15日まで、ワクチン接種の有無に関わらず、すべての公共の屋内環境でのマスク着用を義務付けることを発表しました。
      詳しくはこちら:「Guidance for the Use of Face Coverings ​(ca.gov)